コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極観測船 なんきょくかんそくせん

百科事典マイペディアの解説

南極観測船【なんきょくかんそくせん】

南極観測と基地への物資輸送に当たる船舶。日本では海上保安庁巡視船宗谷(1938年建造の耐氷型貨物船)を砕氷船に改造(4235トン)して1956年から使用,のち海上自衛隊で砕氷艦ふじ〉を建造し,1965年から派遣,1981年には同じく〈しらせ〉が建造され,1983年からこの艦を使用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

南極観測船の関連キーワード宗谷(南極観測船)新南極観測船しらせ稚内青少年科学館海洋研究観測船南極地域観測隊南極観測船宗谷川南 豊作船の科学館名古屋港横須賀港白瀬 矗郵便局白瀬矗富士

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南極観測船の関連情報