コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南津海(なつみ)

1件 の用語解説(南津海(なつみ)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

南津海(なつみ)

山口県、愛媛県などで生産される柑橘類。山口県周防大島町の生産者が、温州みかんとキングマンダリンの交配により育成した種。糖度は高めで、果肉はジューシーで風味もよい。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南津海(なつみ)の関連キーワード宇和ゴールド川野夏橙甘平清見タンゴールせとみタロッコデコポンぽんかん宮内伊予柑ゆめほっぺ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone