南無当来導師(読み)ナムトウライドウシ

デジタル大辞泉の解説

なむ‐とうらいどうし〔‐タウライダウシ〕【南無当来導師】

当来導師すなわち弥勒菩薩(みろくぼさつ)に帰依することを表して祈る語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なむ‐とうらいどうし ‥タウライダウシ【南無当来導師】

〘連語〙 (「当来」は将来、「導師」は衆生を悟りに導く者の意) 仏語。五六億七千万年後の将来、この世に生まれて衆生を教化するとされる彌勒菩薩への帰依を示したことば。なもとうらいどうし。
※車屋本謡曲・半蔀夕顔(1541頃)「南無当来導師彌勒仏とぞ称へける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android