コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南越国 なんえつこくNan-yue; Nan-yüeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南越国
なんえつこく
Nan-yue; Nan-yüeh

中国,秦末漢初の混乱に乗じて,嶺南 (広東省,広西自治区,ベトナムの北部) に独立していた国 (前 203~111) 。建国者は趙佗で,秦末に南海郡尉となり,やがて秦の滅亡とともに独立し,隣接の桂林,象郡をも合せ,南越国を建てて武王と称し (前 203) ,番禺 (広東) に都した。南越の住民の大部分は越人であったが,趙佗によく帰服した。趙佗は建元4 (前 137) 年に死に,孫の胡 (文王) が帝位を継いだが,北方にある漢の南越に対する圧迫がこの頃から次第に強化された。胡の孫,興 (在位前 113?~112) を経て興の異母兄弟の建徳 (在位前 112~111) の時代に前漢の武帝が派遣した伏波将軍路博徳,楼船将軍楊僕らに番禺を落され,建徳も捕えられた。こうして南越国は滅んだ。漢は南越国の旧地に9郡をおいて統治した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

南越国の関連キーワード武帝(中国、前漢)武帝[前漢]ベトナム史越秀公園珠崖郡日南郡陸賈

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android