コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙佗 ちょうだZhao Tuo; Chao T`o

3件 の用語解説(趙佗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙佗
ちょうだ
Zhao Tuo; Chao T`o

[生]?
[没]建元4(前137)
中国,前漢時代の南越国初代の王 (在位前 206~137?) 。武帝と号す。真定 (河北省) の人。秦のとき南海郡竜川 (広東省) の県令,秦,漢交代期に南海都尉となった。やがて独立して桂林,象両郡を合せて南越を建て,前漢の高祖陸賈 (りくか) を使者とし独立を認めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうた【趙佗 Zhào Tuó】

?‐前137
南越(なんえつ)国初代の王。尉佗(いた)ともいう。真定(河北省正定県)の人。秦の始皇帝が揚越(今の広東省)を攻略し桂林,南海,象郡の3郡を置いた際,南海の竜川県の県令に任じられたが,秦末の混乱に乗じて桂林,象郡を併せて自立し,南越国の武王と号し番禺(ばんぐう)(今の広州市)に都した。漢が興ると,高祖は陸賈(りくか)を遣わし,趙佗を南越王に封じて和親を結んだ。呂后のとき離反して漢の辺郡を侵したが,文帝が即位して再び陸賈を派遣するにおよんでようやく帰順した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

趙佗
ちょうた
(?―前137)

中国、南越(なんえつ)国の創立者。真定(河北省正定県)の出身。秦(しん)の始皇帝の嶺南(れいなん)経略ののち、南海郡の竜川県令となったが、始皇帝の死後任囂(じんごう)にかわり南海郡尉となった。秦が滅んだ(前207)のちは、自立して隣の桂林(けいりん)・象郡を討ち、南越国を建て、武王と名のり、番禺(ばんぐう)(広東(カントン)省番禺県)を都とした。やがて紀元前202年、即位した漢の高祖劉邦(りゅうほう)はこれを討つ力がなく、使を遣わして趙佗を南越王に封じ和親を図った。ところが呂后(りょこう)のとき、漢が南越への鉄器の輸出を禁じたことから、趙佗は漢に抗し、自ら皇帝を称し、長沙(ちょうさ)郡など漢の南辺を侵し、また隣の(びんえつ)や西甌駱(せいおうらく)をも服属させた。しかし、文帝が前180年に即位し、ふたたび使を遣わして和を図らせてからは、趙佗は表面上漢に臣事したが、国内では引き続き皇帝を称した。[藤原利一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の趙佗の言及

【広東[省]】より

…秦代に始皇帝が大軍を派遣して征服し,南海,桂林,象の3郡を置いた。秦末,中原の混乱に乗じて趙佗が南越国を建てたが漢に滅ぼされた。漢は南海,儋耳(たんじ),合浦,蒼梧など嶺南9郡を置いて漢人の移住を推し進めた。…

【広州】より

…秦の始皇帝が前220年に50万の大軍を派遣して嶺南を征服し,ここに番禺県を置き南海郡の治所とした(前214)。のち中原の混乱に乗じ,趙佗が前203年に南越国を建てここを都としたが,前112年に漢に攻め滅ぼされた。漢の武帝は漢人の罪人を移住させて漢化政策を推進し,また南方の特産であった犀角,象牙,翡翠,珠璣などを番禺に集荷し,中原に積み出した。…

※「趙佗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

趙佗の関連キーワードセシウム放射性物質セシウム布施柚乃御坂議員歳費二大政党制民主党議員定数訴訟WMAP

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone