旧地(読み)キュウチ

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐ち キウ‥【旧地】

〘名〙
① もとの土地。また、もとの領地
※蔗軒日録‐文明一八年(1486)四月一〇日「玉津島明神者衣姫之霊や。五条俊盛三位旧地、今有其廟」 〔新唐書‐高倹伝〕
② 昔、ある事物があった土地。旧跡。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)八「ここはむかし仁徳天皇の、たかきやにのぼりてみればと詠じ給ひし旧地にして」 〔王勃‐三月上巳・祓禊序〕
③ 同じ耕地にくりかえし同じ作物を作付すること。連作。
※農業自得(1856)上「土地の善悪(よしあし)、旧地(キウチ)(〈注〉カエシマキ)・恐地をゑらみ作り物の相生相剋の理をたがはぬ様に心がけ、五穀成就を願ふべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧地の関連情報