コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部利直 なんぶ としなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部利直 なんぶ-としなお

1576-1632 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)4年3月15日生まれ。南部信直の長男。慶長4年陸奥(むつ)盛岡藩主南部家2代となる。5年上杉景勝攻めのため山形に出陣。6年和賀忠親らをほろぼし藩政の確立につとめた。大坂冬の陣,夏の陣にもくわわった。寛永9年8月18日死去。57歳。通称は彦九郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南部利直

没年:寛永9.8.18(1632.10.1)
生年:天正4.3.15(1576.4.13)
江戸前期の盛岡藩(岩手県)藩主。名は彦九郎。信直の嫡子として三戸郡田子に生まれる。母は南部家臣泉山古康の娘。天正18(1590)年前田利家を烏帽子親として元服し利直と改名。文禄3(1594)年蒲生氏郷の養女を娶る。4年信濃守。慶長3(1598)年父信直の指示を受けて盛岡築城を開始し,翌年襲封。6年和賀稗貫一揆の鎮圧後,城下の町割を推進するなど藩政の確立に努める。大坂の陣にも出陣。江戸桜田邸で没す。三戸聖寿寺三光庵に葬り,のち盛岡東禅寺に改葬された。<参考文献>菊池悟郎編『南部史要』

(細井計)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

南部利直 (なんぶとしなお)

生年月日:1576年3月15日
安土桃山時代;江戸時代前期の大名
1632年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

南部利直の関連キーワード南部(町)(青森県)中津川(岩手県)高水寺城八戸根城生年月日南部重信松浦宗清宮部長煕宮部長熙南部重直南部直房八戸城花巻城鍋倉城

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南部利直の関連情報