コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部釜 ナンブガマ

大辞林 第三版の解説

なんぶがま【南部釜】

南部産の釜。京都の釜師、小泉仁左衛門清行が延宝年間(1673~1681)に盛岡に移住し、黒木山の鉄、北上川の砂鉄で鋳造し始めたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

南部釜の関連キーワード市川大門〈町〉南部鉄器南部鉄瓶

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android