コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北上川 きたかみがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北上川
きたかみがわ

岩手県北西部,七時雨山付近に発し,追波湾に注ぐ川。北上高地奥羽山脈の間を南流,途中東西両山地から流れる多くの河川を合流し,宮城県石巻市中北部付近で北東に方向を転じる。全長 249km。宮城県登米市南東部付近で分流する旧本流は,石巻湾に入る。江戸時代は奥州東部の交通の大動脈で,仙台藩盛岡藩の物資の輸送路であった。沿岸には盛岡,花巻北上 (黒沢尻) ,江刺 (岩谷堂) ,一関などの河港が繁栄したが,1890年東北本線の開通により舟運は衰微した。勾配がゆるやかで水量が多く,北上盆地仙北平野灌漑用水に利用されてきた。県境の峡谷部ではしばしば洪水が起こり,下流部では支流の流入不能による洪水が多かった。そのため国土総合開発地域に指定され,本支流に四十四田ダム,田瀬ダム,湯沢ダム,湯田ダム石淵ダム,栗駒ダム,花山ダム,鳴子ダムなどのダムが建設され,発電,灌漑,治水がはかられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きたかみ‐がわ〔‐がは〕【北上川】

岩手県北部の七時雨(ななしぐれ)山に源を発して南流し、宮城県の追波(おっぱ)湾に注ぐ川。長さ249キロ。流域には北上盆地があり、穀倉地帯となっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

北上川【きたかみがわ】

岩手県北西部,七時雨(ななしぐれ)山に発し,奥羽山脈と北上高地の間の縦谷を南流,宮城県の石巻湾と追波(おっぱ)湾に分かれて注ぐ。長さ249km,流域面積1万150km2
→関連項目胆沢[町]石鳥谷[町]石巻[市]岩手[県]岩手[町]江合川江刺[市]河南[町]河北[町]北上[市]北上高地北上盆地猊鼻渓紫波[町]仙台平野津山[町]東和[町]豊里[町]登米[町]花泉[町]東山[町]平泉平泉[町]藤沢[町]前沢[町]水沢[市]宮城[県]桃生[町]盛岡[市]矢巾[町]湯田[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きたかみがわ【北上川】

宮城の日本酒。味わいは淡麗辛口。大吟醸酒純米酒本醸造酒など。蔵元の「石川酒造店」は明治15年(1882)創業。現在は廃業。蔵は石巻市住吉町にあった。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたかみがわ【北上川】

奥羽山脈と北上高地の間を南流し,仙台平野に出て追波(おつぱ)湾に注ぐ河川。幹川流路延長249km,全流域面積1万0150km2,年平均流量351m3/s(1982)の日本有数の大河である。岩手県の岩手・二戸両郡界にある七時雨(ななしぐれ)山の東方,西岳付近を源流とし,馬淵(まべち)川支流の小繫(こつなぎ)川とは十三本木峠(457m)において谷中分水界をなして,岩手山,姫神山間の厚い火山灰の波状地に狭い段丘を作りながら,西から雫石(しずくいし)川,松川,赤川,東から丹藤川などを合流して盛岡に至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きたかみがわ【北上川】

岩手・宮城両県を北から貫流して追波湾に注ぐ川。長さ249キロメートル。七時雨ななしぐれ山付近に源を発する。中・下流域一帯は穀倉地帯。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県(宮城県)〕北上川(きたかみがわ)


岩手県北部から宮城県北東部を流れる東北地方最大の河川。1級河川(北上川水系)。延長249km。流域面積1万150km2。流域の東は北上高地、西は奥羽(おうう)山脈にはさまれる。七時雨(ななしぐれ)山東方の西(にし)岳(標高1018m)に源を発し、南流して北上盆地を貫流し、仙台平野東部で旧北上川を分流、東流して追波(おっぱ)湾に注ぐ。旧北上川は迫(はさま)川・江合(えあい)川を合流して石巻(いしのまき)湾に注ぐ。旧北上川下流と鳴瀬(なるせ)川河口を北上運河が結ぶ。江戸時代初期に本格的に水路が整備され、盛岡・仙台両藩の産物を石巻へ輸送する東北地方の大動脈として明治中期まで利用された。本流・支流に四十四田(しじゅうしだ)・御所(ごしょ)など多数のダムが建設され、治水・発電や穀倉地帯を潤す農業用水に利用される。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北上川
きたかみがわ

岩手県北部、七時雨(ななしぐれ)山(1063メートル)に源を発し、岩手県を南流して宮城県東部の追波(おっぱ)湾に注ぐ東北一の大河。一級河川。延長249キロメートル、流域面積1万0150平方キロメートル。東に古生界を主とする北上高地、西に新第三系を主とする奥羽山脈があり、その間の低平な北上低地を流れる。岩手・宮城県境の磐井(いわい)丘陵を切る約20キロメートルの狐禅寺(こぜんじ)峡谷により下流部と中流部に、盛岡付近で中流部と上流部に分けられる。盛岡を下ると沖積低地の幅が広がり、岩手県の低地の主要地域を形成し、盛岡、花巻、北上、水沢、一関(いちのせき)などの都市が分布する。下流部では東の北上高地沿いに緩い峡谷をつくって南流し、西にきわめて低平な沖積地が広がる。中・下流部では稲作中心の農業が行われるが、上流部は水田率が低く、稲作に加えて乳用牛の飼育が行われている。
 北上川の名は「日高見(ひたかみ)国」の川、すなわちヒタカミ川に基づくといわれている。この地方が日高見国といわれた古代から、北上川は最大の交通路として利用されていた。近世には、流域の北半が盛岡藩領、南半が仙台藩領となったが、仙台藩では近世初めに下流部の大改修を行い、追波湾へ直接注ぐ河道を、石巻(いしのまき)市鹿又(かのまた)から、一方は石巻湾へ、一方は追波湾へ流し、迫(はさま)川の合流点を付け替え、江合(えあい)川を合流するなどの工事を実施した。これにより、仙台藩領北部と盛岡藩の米が北上川を通じて石巻に集められ、江戸へ海上輸送されることになった。流域には藩庫が置かれ、河港が発達し、石巻には藩の米蔵や役人の屋敷が設けられ、江戸、上方(かみがた)からの物資が集まるなど繁栄した。改修工事は宮城県北部の新田開発をも促した。北上川の舟運は、明治維新後は旧藩時代のさまざまな制約が取り除かれてさらに活発化し、東北経済の大動脈の役割を果たした。宮城県中部、鳴瀬(なるせ)川河口の野蒜(のびる)築港計画に伴い、北上川河口の石巻から8キロメートル上流の石井閘門(こうもん)とを結ぶ全長12.8キロメートルの北上運河が1882年(明治15)完成した。これは一時活況を呈したが、野蒜築港の失敗などにより目的を達成できなかった。1889年に東北線上野―盛岡間が完成すると、北上川の舟運は衰退し、鉄道が通らない下流部の河港の多くは繁栄から取り残された。昭和の初め、北上川は登米(とめ)市津山(つやま)町柳津(やないづ)から南へ直線的旧流路を利用して石巻市飯野川(いいのがわ)で追波川と結ばれ、以後これが本流となり、石巻への流路は旧北上川とよばれることになった。1951年(昭和26)の「国土開発法」により、北上川流域は特定地域の指定を受け、1953年から本・支流に治山治水、発電、灌漑(かんがい)のための多くの多目的ダムが建設され、総合的な地域開発が進められた。1975年には、下流部の宮城県石巻市に治水、灌漑、上水用として北上大堰(おおぜき)が完成した。また、北上川の洪水を防止する目的で、一関市では遊水地が建設中である。2011年(平成23)3月11日の東北地方太平洋沖地震では津波が河口から約50キロメートル上流まで遡上した。[後藤雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の北上川の言及

【岩手[県]】より

陸奥国
[中央から遠い北国]
 岩手県の地は,〈みちのく〉といわれた奥州のうちでも中央文化からほど遠い辺境の地とされてきた。8世紀中ごろ奥州開発が積極化し,坂上田村麻呂の蝦夷攻略を通して岩手は北上川沿岸から開かれ中央と結びつけられていった。奥州藤原氏が平泉の地に独自の黄金文化を築いたが,中世の岩手は鎌倉御家人によって分割支配され,盛衰・興亡をくりかえした。…

※「北上川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北上川の関連キーワード岩手県一関市狐禅寺宮城県石巻市水押繋温泉・繫温泉北上川船頭唄猊鼻渓舟下り紫波[町]津山〈町〉豊里〈町〉前沢[町]一関[市]江刺[市]川崎[村]中田〈町〉河北[町]桃生[町]石巻[市]津山[町]北上[市]阿武隈川袖の渡り

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北上川の関連情報