コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単体分離 たんたいぶんり liberation

翻訳|liberation

1件 の用語解説(単体分離の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単体分離
たんたいぶんり
liberation

粉砕によって鉱物が単体粒子化する現象。採掘されたままの鉱石の塊は有用鉱物と不用鉱物の集合体である。選鉱作業により有用鉱物のみを分離,回収するには,まず鉱石を粉砕して有用鉱物を個々の独立した粒子,すなわち単体粒子にしておくことが必要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の単体分離の言及

【片刃】より

…片刃粒子は粉砕によってしだいに単体の鉱物粒に分かれる。この過程を単体分離liberationと呼ぶ。特定の成分が片刃粒子の形で存在する割合は片刃度と呼ばれ,選鉱・選炭のような物理的分離操作による選別の限界を知るための指標として使われる。…

【選鉱】より

…分離に先立つ第1の工程は原鉱石を粉砕し,粒子の大きさをある程度そろえることである。この粉砕操作の大きな目的の一つは分離すべき鉱物を粒子として他の不要な鉱物粒子から単体分離liberationさせることであるが,さらに次の分離操作に適した粒度にする意味もある。 多くの選鉱工場においては,原鉱石は100μm以下くらいの粒度にまで粉砕されたのち,浮遊選鉱,その他の選別工程によって鉱物の分離が行われる。…

※「単体分離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

単体分離の関連キーワードチンダル現象マグノン粉砕片刃鉱染作用セレイトキックの法則(固体粉砕)ゲルハルト現象秦現象粉砕の仕事法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone