コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単皮鼓 たんぴこ dān pí gǔ

1件 の用語解説(単皮鼓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たんぴこ【単皮鼓 dān pí gǔ】

中国の打楽器の一種。胴は硬い厚みのある木で鼓面は直径25cmくらいあるが,縁が幅広く,鼓心と呼ばれる中央にわずかに5~7cmの孔があり,鼓面には豚革,または牛革が張られている。板鼓,皮鼓,小鼓とも呼ばれる。鼓心のそばにもう一つ小さな孔のある種類もある。演奏の際は三脚に似た台に置いて,籐または竹製の2本の桴(ばち)で打奏する。双打,単打,悶打の別があり,鼓心をたたくと低音が,鼓辺では高音が出る。民間の器楽合奏,戯曲音楽の伴奏に(はん)といっしょに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

単皮鼓の関連キーワード雲鑼三の鼓打楽器バヤ方響木琴四の鼓土鼓編鐘波返し

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone