コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純ヘルペス性角膜炎 たんじゅんヘルペスせいかくまくえんherpetic keratitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単純ヘルペス性角膜炎
たんじゅんヘルペスせいかくまくえん
herpetic keratitis

単純ヘルペスウイルスの感染で起こる角膜病変で,症状として眼痛,充血などがある。単純ヘルペスウイルスにはI型と II型があるが,目を侵すのは普通I型である。両親が単純ヘルペスウイルスの抗体保有者であると,新生児は普通,胎内で抗体を受け継いで生まれてくる。この抗体が消失する生後6ヵ月くらいから5歳頃までの間に感染する例が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

単純ヘルペス性角膜炎の関連キーワード単純ヘルペスウイルス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android