コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単純労働 たんじゅんろうどう

大辞林 第三版の解説

たんじゅんろうどう【単純労働】

高度な知識や技術、一定年数の経験などを特に必要としない簡単な労働。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単純労働
たんじゅんろうどう

普通の人間が特別の訓練を受けないままでもっている労働能力の発揮のことで、簡単労働ともいう。これに対し、特殊的技能を身につけるために特別に平均以上の訓練を受けた労働力が複雑労働力で、その行使が複雑労働である。商品生産社会においては同一労働時間内に複雑労働は単純労働の何倍かの価値を生み出すとされる。単純労働の内容については国によって、また歴史的発展段階によって異なる。現在の日本のように義務教育が普及し社会全体の教育水準が高い社会では、単純労働といえどもかならずしも不熟練労働と一致しない。単純労働・複雑労働と不熟練労働・熟練労働とは別の概念である。[伍賀一道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

単純労働の関連キーワード外国人労働者の受け入れと研修・技能実習制度シンガポールの外国人受け入れ政策インドシナ難民と神奈川県出入国管理及び難民認定法ペーター シュナイダー期間従業員(期間工)外国人研修・技能実習イージー・リスニング外国人労働者の現状ナレッジワーカーフランス移民暴動外国人労働者問題外国人不法就労カタール(国)ワーキングプアドイツの移民法生産要素賦存外国人労働力ポピュリズム租庸調・雑徭

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単純労働の関連情報