特別(読み)トクベツ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]他との間に、はっきりした区別があること。他と、はっきり区別して扱うこと。また、そのさま。格別。「特別な(の)準備」「特別な(の)感情は持っていない」「特別に許可する」「特別サービス」
[副]
他と、はっきり区別されるさま。物事の状態・性質などの度合いが群を抜いているさま。格別。とりわけ。特に。「今日は特別暑い」
(下に打消しを伴って)これといって。それほど。「特別することもない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (形動) 普通一般と異なっていること。また、そのさま。普通でないさま。格別。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二七「女は一個特別(トクベツ)の男を愛恋す」
※民法(明治二九年)(1896)三六条「法律又は条約中に特別の規定あるものは此限に在らす」 〔謝彬‐新疆遊記〕
[2] 〘副〙
① 物事の状態、性質などの度合が普通よりはなはだしい意を表わす。とりたてて。とりわけ。特に。〔音訓新聞字引(1876)〕
② (下に打消を伴って) それほど。たいして。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特別の関連情報