コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卜定 ボクジョウ

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐じょう〔‐ヂヤウ〕【×卜定】

吉凶をうらない定めること。ぼくてい。
「国郡を―あって、抜穂(ぬきぼ)の使ひを丹波の国へ下さる」〈太平記・二五〉

ぼく‐てい【×卜定】

ぼくじょう(卜定)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼくじょう【卜定】

( 名 ) スル
吉凶を占い、事を定めること。 「陰陽博士、軒廊こんろうにして国郡を-す/太平記 21

ぼくてい【卜定】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

卜定の関連キーワード大嘗祭(だいじょうさい)悠紀・斎忌・由基野宮(神道)善子内親王悠紀・主基惇子内親王雅子内親王穆子内親王慧子内親王井上内親王娟子内親王妍子内親王恬子内親王主基・次国郡卜定上西門院中臣寿詞主基の国斎宮女御隆子女王

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卜定の関連情報