コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卯の花漬(け) ウノハナヅケ

1件 の用語解説(卯の花漬(け)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うのはな‐づけ【×卯の花漬(け)】

イワシコハダなど小魚の酢漬けを、甘酢で味つけしたおからに漬け込んだもの。
おからに塩を混ぜ、ワラビ竹の子などの野菜を漬けたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の卯の花漬(け)の言及

【おから】より

…一種の風味があって料理に用いられるが,現在大部分は家畜の飼料とされ,また家屋や家具のつや出しにも用いられる。料理としては,少量の油でおからをいため,甘からく下煮したニンジン,油揚げ,アサリのむき身などとネギを加えて炒(い)り上げる炒り煮のほか,コハダなどの小魚を酢でしめておからにつけこむ卯の花漬などが行われる。江戸後期には飯のかわりにおからを用いたコハダのすしなどもつくられた。…

※「卯の花漬(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone