コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰯/鰮 イワシ

デジタル大辞泉の解説

いわし【×鰯/×鰮】

ニシン科のマイワシウルメイワシカタクチイワシ科のカタクチイワシなどの海水魚の総称。ふつうはマイワシをさす。暖流に乗って回遊し、産卵期には近海に集まる。食用のほか、油をとったり、肥料や飼料にしたりする。稚魚は、しらす 秋》「―やく煙とおもへ軒の煤/犀星
切れ味の悪い刀。鈍刀。
「この―で切るか、この目でおどすか」〈浄・千本桜
[補説]「鰯」は国字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鰯 (イワシ)

動物。マイワシ,ウルメイワシ,カタクチイワシの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鰯/鰮の関連キーワード長崎市ド・ロ神父記念館山之口貘・山之口獏フィッシュミール焼き刺し・焼刺し萬祝式大漁旗〆かす(粕)銚子大漁節どびつこいすっぺがす安部 和助サーディンさつま揚げ猿源氏草紙沖合漁業岩本梧友杉綾組織山之口貘安部和助干潟の鰯じりじり

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android