竹の子(読み)タケノコ

デジタル大辞泉「竹の子」の解説

たけ‐の‐こ【竹の子/×筍/×笋】

地下茎から生え出る若芽褐色の毛の密生した皮を幾重にもかぶる。モウソウチクマダケハチクなどのものを食用にする。 夏》「月ななめ―たけとなりにけり/漱石
筍医者」の
筍生活」の略。

たけのこ【竹の子/笋】[狂言]

狂言に生えたたけのこ所有をめぐって畑主(やぶ)とが争い仲裁人が取りなし、結局、相撲勝負をつけ畑主が勝ちをおさめる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android