竹の子(読み)タケノコ

デジタル大辞泉「竹の子」の解説

たけ‐の‐こ【竹の子/×筍/×笋】

地下茎から生え出る若芽褐色の毛の密生した皮を幾重にもかぶる。モウソウチクマダケハチクなどのものを食用にする。 夏》「月ななめ―たけとなりにけり/漱石
筍医者」の
筍生活」の略。

たけのこ【竹の子/笋】[狂言]

狂言に生えたたけのこ所有をめぐって畑主やぶ主とが争い仲裁人が取りなし、結局、相撲勝負をつけ畑主が勝ちをおさめる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android