コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ワラ

6件 の用語解説(蕨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わら【×蕨】

蕨(わらび)をいう女房詞

わらび【×蕨】

イノモトソウ科の多年生のシダ。草原など日当たりのよい所に生え、高さ約1メートル。葉は3回羽状に裂け、羽片の裏面の縁に胞子嚢(ほうしのう)群をつけ、冬には枯れる。春のこぶし状に丸まっている若葉は食用に、根茎は砕いてでんぷんとする。 春》「雪渓のとけてとどろく―かな/楸邨
紋所の名。1の若芽を図案化したもの。

わらび【蕨】[地名]

埼玉県南東部の市。もと中山道の宿場町。綿織物双子縞(ふたこじま)の産地として発展した。面積は約5平方キロメートルで全国最小の市。人口7.1万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わら【蕨】

〔女房詞〕
ワラビ。〔御湯殿上 文明一八

わらび【蕨】

イノモトソウ科の常緑性シダ植物。疎林や日当たりのよい山地に生え、早春、先端がこぶし状に巻いた新芽が地下の根茎上から直立して生い出る。これを山菜として食用にする。葉は三回羽状に分裂。羽片の縁が下面に巻きこんで、胞子囊のう群がつく。根茎から蕨粉をとる。 [季] 春。

わらび【蕨】

埼玉県南東部の市。近世、中山道の宿場町として発展。宅地化が進み、人口密度は全国でも屈指の高さ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蕨の関連キーワード井の許草湿羊歯八丈羊歯天草羊歯犬羊歯岩根薇岩根草姫蕨袋羊歯本宮羊歯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蕨の関連情報