印刷者マーク(読み)いんさつしゃまーく(英語表記)printer’s device

図書館情報学用語辞典の解説

印刷者マーク

印刷業者が図書に表示した自分(自社)の標章.このマークは,ヨーロッパで活版印刷が始まるとしばらくして採用されるようになったばかりでなく,同じ図柄が店の外に看板として吊りさげられて,宣伝効果をあげたようである.マヌティウス(Aldus Manutius 1450?-1515)の錨とイルカ,トリ(Geoffroy Tory 1480?-1533)の壊れ瓶,キャクストン(William Caxton 1422?-1491)のWとCのマークなどが初期の印刷者マークとしては有名である.銘文が添えられたマークもあり,印刷者の信条を垣間見ることができる.印刷業と出版業が分離するようになると,印刷業者ではなく出版業者の標章(publisher’s device)が表示されるようになった.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android