コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印刻 インコク

デジタル大辞泉の解説

いん‐こく【印刻】

[名](スル)
印形を彫ること。篆刻(てんこく)。
版や碑に文字などを彫ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんこく【印刻】

( 名 ) スル
印章を彫ること。また、文字・絵・図形などを彫り込むこと。刻印。 「 -師」 「永遠に日本国民の心裡に-せらるべきを疑はず/良人の自白 尚江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

印刻の関連キーワード允・印・咽・員・因・姻・寅・引・慇・殷・淫・胤・蔭・院・陰・隕・隠・隱・音・韻・飲ナスノミハムシ島田 九万字ポライウオロ梅迺本耆山島田九万字聖衆来迎寺西蔵大蔵経小曾根乾堂山根龍志一円東海日本建築壬生水石天野政徳彫込み彫上げ仏足石粘土板メダル印刀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

印刻の関連情報