コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印南別嬢 いなみの わきいらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

印南別嬢 いなみの-わきいらつめ

古代伝承上の女性。
丸部(わにべ)氏の祖比古汝茅(ひこなむち)の娘。母は吉備比売(きびひめ)。美人で,景行天皇と結婚した。死後,遺体が印南川(加古川)の上をはこばれる途中,つむじ風のために行方不明になったという。播磨(はりま)(兵庫県)各地の地名説話に登場する。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

印南別嬢の関連キーワード播磨稲日大郎姫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android