厚額(読み)アツビタイ

  • あつびたい ‥びたひ
  • あつびたい〔びたひ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 前額部を高く作った冠。古くは、一六歳以上で位階の高い者だけが用いたが、後にはその年に達すれば官位の高下によらず着けることとなった。磯高(いそだか)。⇔薄額(うすびたい)
※宇槐記抄‐久寿二年(1155)正月七日「右大将、不余用厚額冠〈今日於内意見所見付也〉帰家尋問之処、陳曰、殿下〈謂余〉十八正月用厚額之由、見御記、臣已至十八、故所用也」
※今鏡(1170)六「弟におはせし公行(きむゆき)の、弁にはじめてなりて、あつびたひの冠(かうぶり)になし給ひければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android