コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公行 こうこうgong-hang; kung-hang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公行
こうこう
gong-hang; kung-hang

中国,清代に広州で外国貿易に従事した行商同業組合。通常は広東十三行と称される。清朝の貿易は広東の粤海関で特定の仲買商 (商) にのみ許されたが,康煕 59 (1720) 年に海関監督の援助で,当時の 16の行商が同業組合を結成して「公行」と称した。公行は主要商品の独占や価格の決定を行い,それまで存在した小商人を排除して貿易を独占した。外国商人は彼らの不利になるためこれに反対したが,この公行制はアヘン戦争まで存続し,道光 22 (1842) 年の南京条約で廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐こう〔‐カウ〕【公行】

[名](スル)
悪事などが盛んに行われること。
「賄賂―し」〈津田真道訳・泰西国法論
公然と振る舞うこと。横行。
「盗賊―して」〈福沢福翁百話
書物などを刊行すること。
活字版を用いて書を―する」〈柳河春三編・万国新話〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

公行【こうこう】

中国で清代に,広州で外国貿易を独占した特許商人が結成した組合。この特許商人を行商といい,広東十三公行と呼ばれる。関税を請け負う行商制は,1685年の海外貿易の許可,海関設置によって翌年施行。
→関連項目海関

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうこう【公行 gōng háng】

中国清代,広州外国貿易商人(行商)の組合。ふつう広東十三公行とよばれるが,行商の数は13とはかぎらず,20~50家の間を増減した。清朝は1685年(康熙24),それまで禁じていた海外貿易を許可し,広州に粤海関(えつかいかん)をおいて関税を徴収したが,翌86年行商に関税徴収を請け負わせる代償として輸出入品を独占させた。これが公行制度の始まりである。1720年行商16家が公行を結成し,取引を独占,価格の協定をはかったが,他の行商の反対で成功せず,26年有力な行商6家がえらばれて外国船との取引独占権をあたえられ,他の一般行商はこの6家(保商)の保証のもとで取引を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうこう【公行】

( 名 ) スル
広く行われること。特に、好ましくないことが公然と行われること。 「世間に多妻法を-せしめ/福翁百話 諭吉
公然と行うこと。 「盗賊-して/福翁百話 諭吉
公刊すること。刊行。
中国、清代、広東の外国貿易を独占していた特許商人(行商)、またはその団体。一三あったので広東十三行と通称。アヘン戦争の結果廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公行
こうこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

公行の関連キーワードネーピア(8th Baron of Napier William John Napier)光形態形成(こうけいたいけいせい)清の時代(年表)クロロフィル今出川教季国家賠償法電子伝達豊田天功行政組織田沼時代化学合成給付行政炭酸同化教育行政田沼意次藤原実長高階光子山本緑陰対華投資清閑寺

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公行の関連情報