コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原コリント陶器 げんコリントとうきProto-Corinthian pottery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原コリント陶器
げんコリントとうき
Proto-Corinthian pottery

古代ギリシア陶器の一種。主としてシキュオンを中心に前725年頃~前600年頃制作された。先行した幾何学様式から若干進んで,動物あるいは人物像が扱われるようになったが,形態は生硬だった。壺の肩あるいは下半部に好んで,平行する斜線による装飾をつけている。黒像式陶器はこの時期に初めて用いられた。代表的作品に『キージの壺』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android