コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原亮三郎 はら りょうざぶろう

2件 の用語解説(原亮三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原亮三郎 はら-りょうざぶろう

1848-1919 明治時代の出版経営者。
嘉永(かえい)元年10月18日生まれ。明治8年横浜に出版社金港堂を創業し,翌年東京日本橋に移転。教科書をはじめ文芸雑誌,書籍などの出版にあたった。25年衆議院議員。大正8年12月8日死去。72歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

原亮三郎

没年:大正8.12.8(1919)
生年:嘉永1.10.18(1848.11.13)
明治大正時代の出版業経営者。美濃国(岐阜県)に生まれる。本姓伊藤。幼名寿三郎。父忠右衛門は大庄屋だった。藤川三渓の下で漢籍を修める。駅逓寮などに勤めたのち,明治8(1875)年,横浜で出版社・金港堂を設立し,翌9年,東京日本橋に移転した。金港堂は教科書や教育関係の出版物,『少年界』『少女界』など七大雑誌を発行し,明治時代の有力出版社となった。また20年に第九十五国立銀行頭取になり,25年の第2回総選挙で衆院議員に当選した。この間21年には,三宅米吉編集の雑誌『文』を,山田美妙編集の『都の花』を創刊した。<参考文献>稲岡勝「金港堂小史」(東京都立中央図書館『研究紀要』11号),同「『原亮三郎』伝の神話と正像」(『出版研究』18号)

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原亮三郎の関連キーワード農業経営者一世代家族経営二世代家族経営三世代等家族経営江草重忠大谷仁兵衛金尾種次郎高野和人坂東恭吾三浦源助

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原亮三郎の関連情報