原幾何学様式土器(読み)げんきかがくようしきどき(英語表記)Proto-Geometric pottery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原幾何学様式土器
げんきかがくようしきどき
Proto-Geometric pottery

前 12世紀頃のミノア・ミケーネ文化崩壊後,本来のギリシア文化の草創期に現れた土器。前 1050年頃~900年頃に作られたもの。直線同心円 (半円) ,波状などの線条による単純な連続文様が器の表面全体に描かれている。これらは次第に洗練されて,厳格な幾何学様式へと発展した。アテネケラメイコス発掘によってすぐれた遺品が出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android