コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原胤房 はら たねふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原胤房 はら-たねふさ

?-? 室町時代の武将。
千葉氏の支族。千葉胤直につかえる。胤直を説いて鎌倉公方(くぼう)(のち古河公方)足利成氏(しげうじ)にしたがわせたが,のち胤直が関東管領上杉房顕(ふさあき)に味方したため,康正(こうしょう)元年(1455)一族の馬加(まくわり)康胤とともに胤直・胤宣(たねのぶ)父子を急襲して自殺においやった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原胤房の関連キーワード千葉康胤本佐倉城室町時代千葉胤宣小弓城亥鼻城赤塚城千葉氏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android