コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉胤直 ちば たねなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉胤直 ちば-たねなお

1413-1455 室町時代の武将。
応永20年生まれ。千葉兼胤(かねたね)の子。下総(しもうさ)千葉城主。永享の乱のとき上杉憲実(のりざね)をほろぼそうとした足利持氏をいさめたがききいれられなかった。のち上杉氏に属したため,足利成氏(しげうじ)にしたがう原胤房らに攻められ,康正(こうしょう)元年8月15日自害。43歳。通称は千葉介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千葉胤直の関連キーワード飯篠長威斎千葉(市)千葉胤宣千葉康胤室町時代赤塚城馬加城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android