コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉胤直 ちば たねなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉胤直 ちば-たねなお

1413-1455 室町時代の武将。
応永20年生まれ。千葉兼胤(かねたね)の子。下総(しもうさ)千葉城主。永享の乱のとき上杉憲実(のりざね)をほろぼそうとした足利持氏をいさめたがききいれられなかった。のち上杉氏に属したため,足利成氏(しげうじ)にしたがう原胤房らに攻められ,康正(こうしょう)元年8月15日自害。43歳。通称は千葉介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉胤直の関連キーワードランカスター朝ヘンリー[4世]ヘンリートゥグルク朝ヘンリー4世宗砌康正膳城サマセット(公)カリクスツス3世