コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原腸形成 げんちょうけいせいgastrulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原腸形成
げんちょうけいせい
gastrulation

形成ともいう。後生動物の発生において,原腸の形成される過程。胞胚期まで胚表に配列していた細胞群が,胚内に移動し原腸がつくられる。その際胚表面の移動は統一のとれた一連の運動を伴い,陥入,おおいかぶせ,巻込みなどの現象が組合わさって起る。胚の初期発生においてきわめて重要な時期で,物質代謝の面でも著しい変化がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

原腸形成の関連キーワード器官形成形態形成外胚葉原体腔内胚葉原腸胚間充織分化原口

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android