コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原腸 げんちょうarchenteron

翻訳|archenteron

6件 の用語解説(原腸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原腸
げんちょう
archenteron

嚢胚 (原腸胚) の内層に囲まれた腔所,およびその内壁。胚の発生過程において,原腸形成によって新しく生じた腔所で,内胚葉層で囲まれる。消化管の原器で,のち主として腸管,それに付属する肝臓,膵臓などの器官がつくられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐ちょう〔‐チヤウ〕【原腸】

動物の発生において、胞胚(ほうはい)の陥入によってできるくぼみの部分、およびその内壁。消化管の原基で、のちに腸管や肝臓などの器官に分化する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

原腸【げんちょう】

多細胞生物の初期発生において,胞胚の一部が陥入して嚢胚(原腸胚)を形成する際に胚の内部に形成された腔所をいう。やがては成体の消化管を形成。原腸形成によって,今まで外胚葉のみだった胚は中・内胚葉を分化する。
→関連項目原口

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんちょう【原腸 archenteron】

多くの多細胞動物の発生過程で,胚葉が分化する際に出現する過渡的な構造。胞胚後部を形成する細胞の一部が,胞胚腔内に袋状あるいは塊状にくびれ込んでできる。この細胞群はやがて,動物によって,内胚葉のみに分化して消化管を形成する場合と,中胚葉へも分化して消化管のほかに間充織細胞,体節,脊索などを形成する場合がある。その形は,無脊椎動物においては比較的単純な椀状または先の閉じた筒状であるが,両生類以下の脊椎動物では背腹にいちじるしい差を生じ,背側に隣接する外胚葉に神経組織を誘導する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんちょう【原腸】

囊胚のうはい形成の際、細胞が陥入して生ずる腔所および腔壁。消化管の原基であり、のちに腸管・肝臓・膵臓すいぞうなどを形成する。節足動物と脊椎動物羊膜類では生じない。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の原腸の言及

【発生】より


[胚葉分化]
 胞胚が完成するとまもなく,囊胚形成gastrulationとよばれる激しい形態形成運動によって細胞の配置がえが行われ,胚には内,中,外の三つの胚葉が分化する。胚葉分化の過程は,まず原腸の形成を通して,内・外両胚葉をつくることから始まる。原腸の形成には二つのおもな方法がある。…

※「原腸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原腸の関連情報