原色フィルター(読み)げんしょくふぃるたー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

原色フィルター

R(赤)、G()、B(青)の光の3原色を用いたフィルターのことで、CCD用のカラーフィルターでは、R(赤)、G(緑)、G(緑)、B(青)の4画素で構成される。本来、CCDは光の強弱を電圧に変換するものなので、カラーフィルターで色を分ける必要がある。緑が2画素を占めるのは、画質に大きな影響を与えるため。補色フィルターに比べて感度は低くなるが、色の再現性に優れている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんしょく‐フィルター【原色フィルター】

primary color filterデジタルカメラデジタルビデオカメラなどのイメージセンサーに装着される、光の三原色である赤(レッド)・緑(グリーン)・青(ブルー)のフィルター。センサーの素子そのものは色を判別できないため、この3色のフィルターを用いて光の信号の強弱を捉え、それを元に色のデータとして再現する。一般的に補色フィルターよりも色の再現性が良いとされるが、感度が低い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

原色フィルター

 フォトセンサー (受光素子)は光の強弱を信号に変える働きしかなく、色を検知することができない。そこで受けた光の色情報を取りこむために、ひとつひとつのフォトセンサーに色フィルター(色分解フィルター)を被せている。その色フィルターがR/G/Bの3色のものを「原色フィルター方式」、Y/M/Cの3色のものを「補色フィルター方式」と呼んでいる。 → 補色フィルター 参照

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android