去此不遠(読み)こしふおん

精選版 日本国語大辞典「去此不遠」の解説

こし‐ふおん ‥フヲン【去此不遠】

〘名〙 仏語極楽浄土は西方十万億土のかなたにあるが、法味観念の上から見れば、この娑婆世界からは遠くないの
仮名草子竹斎(1621‐23)上「いかにみなみな女ばうたち、大事のあんじんをばときのこしたるぞ。こしふをんととく時は、ここをさる事とをからず」 〔観無量寿経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報