コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参す マイス

デジタル大辞泉の解説

まい・す〔まゐす〕【参す】

[動サ下二]《「まいらす」の音変化》
「与える」「やる」の意の謙譲語。さしあげる。進上する。
「君に―・せう、京絵描いたる扇を」〈田植草紙〉
(補助動詞)動詞の連用形に付いて、その動作をしてさし上げる意を表す。…し申し上げる。
「使者が聞くほどに、心得させ―・せうとて、足を踏むぞ」〈史記抄・淮陰伝〉
[補説]本来は下二段活用であるが、「大后にいはせまいしたぞ」〈史記抄・竇田伝〉のように、のちにサ変にも活用した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まいす【参す】

( 動下二 ・動サ変 )
まいする(動下二・動サ変)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

参すの関連キーワードlunch passportパンクラチオンシャッポを脱ぐmy bag音を上げる手を上げる四度の公文ギブアップ軍門に降る陣門に降る尻尾を巻く冥土の土産インチュー田植草紙持て参る陣中見舞兜を脱ぐ旗を巻く黄檗玉田土産団子