コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友好関係宣言 ゆうこうかんけいせんげんDeclaration on Friendly Relations

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

友好関係宣言
ゆうこうかんけいせんげん
Declaration on Friendly Relations

正式には「国際連合憲章にのっとった国家間の友好関係と協力に関する国際法諸原則についての宣言」という。国家間の関係を規定する原則を示したもので,武力不行使,紛争の平和的解決,内政不干渉,国際協力,民族自決主権平等,国際義務の誠実な履行の7原則からなる。みずからの独立前にできた国連憲章先進国に有利なので改正すべきとする途上国と,憲章こそは国際社会の基盤とする西欧諸国との対立の妥協の産物。 1970年,国連 25周年記念総会において採択された。総会決議のため,ただちに効力をもつわけではないが,コンセンサス方式で採択された点で,大きな力をもつものといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

友好関係宣言の関連キーワードニュルンベルク諸原則主権平等の原則民族自決権間接侵略復仇

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android