コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双ヶ岡 ナラビガオカ

デジタル大辞泉の解説

ならび‐が‐おか〔‐をか〕【双ヶ岡】

京都市右京区御室(おむろ)にある丘陵。一ノ岡・二ノ岡・三ノ岡に分かれ、西麓吉田兼好が住んだ。双の岡。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ならびがおか【双ヶ岡】

京都市右京区、仁和にんな寺の南の丘陵。一岡・二岡・三岡に分かれる。平安時代、貴族の別荘地。兼好法師が草庵を結んだ所。双の岡。⦅歌枕⦆

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双ヶ岡
ならびがおか

京都市西部、右京区御室仁和(おむろにんな)寺の南に位置する小丘陵。「雙(ならび)ヶ岡」として国の名勝に指定されている。嵯峨野(さがの)の東部にあたり、全山松林に覆われる。北から一ノ岡(116メートル)、二ノ岡、三ノ岡に分かれ丘上には古墳群がある。平安時代に右大臣清原夏野(きよはらのなつの)が山荘を営み、また吉田兼好(けんこう)が二ノ岡の西麓(せいろく)に隠栖(いんせい)して『徒然草(つれづれぐさ)』を著したといわれる。近年、周辺の市街地化に伴って松枯れが多くなり、風致が損なわれているのは惜しまれる。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

双ヶ岡の関連キーワード歴史的風土保存区域古都保存法尾形乾山織田武雄兼好法師太秦歌枕常盤花園

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android