コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双曲線法則(=刺激量) hyperbolic law

法則の辞典の解説

双曲線法則【hyperbolic law】

生体にある特定な種類の応答を引き起こす刺激量の閾値が,刺激の強さや持続時間にはよらず,一定となること.刺激強度を I,持続時間閾値を t としたとき刺激量(I×t)は定数だから,強さ・時間を両軸にとって描いた曲線は双曲線となる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

双曲線法則(=刺激量)の関連キーワード刺激量の法則生体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android