コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反すう(芻)胃

1件 の用語解説(反すう(芻)胃の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

反すう胃

 ウシ,ヤギ,ヒツジなどの第一胃と第二胃は食物を蓄え,必要な場合は反すうする.この両方の胃を合わせて反すう胃という.ここには微生物が多く生息し,宿主が摂取した食物を活発に分解する.また,物質代謝も活発で糖の分解によって揮発性脂肪酸(酢酸,プロピオン酸,酪酸など)を生成し,アミノ酸を脱アミノしたり,メタンの生成,不飽和脂肪酸飽和脂肪酸への還元なども行われる.ここに存在する微生物のために反すう動物はセルロースのように単胃動物では消化できない物質も消化して利用することができる半面,デンプンや易消化性タンパク質などの利用率を低下させる面もある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反すう(芻)胃の関連キーワード羊偏必需ミノ未申ハチの巣胃反すう(芻)動物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone