コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反すう(芻)胃

栄養・生化学辞典の解説

反すう胃

 ウシ,ヤギ,ヒツジなどの第一と第二胃は食物を蓄え,必要な場合は反すうする.この両方の胃を合わせて反すう胃という.ここには微生物が多く生息し,宿主が摂取した食物を活発に分解する.また,物質代謝も活発で糖の分解によって揮発性脂肪酸(酢酸,プロピオン酸酪酸など)を生成し,アミノ酸を脱アミノしたり,メタンの生成,不飽和脂肪酸の飽和脂肪酸への還元なども行われる.ここに存在する微生物のために反すう動物セルロースのように単胃動物では消化できない物質も消化して利用することができる半面,デンプンや易消化性タンパク質などの利用率を低下させる面もある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

反すう(芻)胃の関連キーワードトランス不飽和脂肪酸メタン菌粗繊維

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android