コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反すう(芻)胃

1件 の用語解説(反すう(芻)胃の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

反すう胃

 ウシ,ヤギ,ヒツジなどの第一胃と第二胃は食物を蓄え,必要な場合は反すうする.この両方の胃を合わせて反すう胃という.ここには微生物が多く生息し,宿主が摂取した食物を活発に分解する.また,物質代謝も活発で糖の分解によって揮発性脂肪酸(酢酸,プロピオン酸,酪酸など)を生成し,アミノ酸を脱アミノしたり,メタンの生成,不飽和脂肪酸飽和脂肪酸への還元なども行われる.ここに存在する微生物のために反すう動物はセルロースのように単胃動物では消化できない物質も消化して利用することができる半面,デンプンや易消化性タンパク質などの利用率を低下させる面もある.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone