コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射防止膜 はんしゃぼうしまくcoating; blooming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反射防止膜
はんしゃぼうしまく
coating; blooming

レンズなどの表面反射を少くして,透過光を多くすると同時に反射による散乱光を除去する目的で,ガラスより屈折率の小さい透明薄膜真空蒸着でガラスの表面につけたもの。膜の厚さや蒸着物質の屈折率を適当に選べば,反射率をほとんど0にすることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はんしゃぼうし‐まく〔ハンシヤバウシ‐〕【反射防止膜】

カメラや望遠鏡などの光学系において、レンズの表面反射を低減させ、コントラストを向上させるための薄膜。とくにガラスと屈折率が異なる薄膜により、界面反射と干渉を利用するものを指す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はんしゃぼうしまく【反射防止膜】

ガラス面などの表面反射を防ぐため、その表面につける薄い膜。ガラスの屈折率の平方根に近い屈折率をもつ膜が使われる。コーティング。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の反射防止膜の言及

【反射】より

… 屈折率nGの媒質による反射を防止しようとする場合,なる屈折率の膜でその表面を覆えば,膜の厚さをdとして,nd=λ/4となる波長λの光に対して反射は0となる。このような膜を反射防止膜という。光学ガラス(nG=1.5~1.8)の場合はn=1.22~1.34の範囲に選べばよいわけであるが,実際にこのような条件を満たす適当な物質はないので,ふつうはフッ化マグネシウムMgF2(n=1.38)をnd=135nmの厚さで用いることが多い。…

【レンズ】より

…これらの波長域を外れた紫外および赤外域における結像には,反射鏡やゾーンプレートなどが用いられる。
[反射防止膜]
 レンズ枚数の多い複雑な光学系では,表面からの光の反射(ガラスの場合垂直入射光に対し1面につき約4%の反射率)により透過光が減少したり,偶数回反射した光が像面をほぼ一様に覆って本来の像のコントラストを低下させたり(フレア),明るい光源によるゴーストが像面に現れたりする。これを防止するために,レンズ表面にフッ化マグネシウムなどの透明な誘電体薄膜を真空中で蒸着することが行われる。…

※「反射防止膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反射防止膜の関連キーワードマルチコーティング誘電体多層膜コーティング久保田 広多重反射太陽電池久保田広透過率平方根

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反射防止膜の関連情報