コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反強誘電体 はんきょうゆうでんたいantiferroelectrics

1件 の用語解説(反強誘電体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反強誘電体
はんきょうゆうでんたい
antiferroelectrics

結晶の隣合った格子点に大きさの等しい電気双極子が互いに極性を逆にして平行に並んで双極子モーメントを打消し合い,全体として自発分極が0になっている物質。その誘電性を反強誘電性という。2種の格子点のそれぞれを副格子または部分格子という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の反強誘電体の言及

【誘電体】より

…なお,誘電体に周波数ωの電場を加えて,同じ周波数の電束密度が生ずるときに,ε(ω)をその誘電体の誘電関数という。
[固体誘電体の分類]
 固体誘電体は,常誘電体,強誘電体,反強誘電体などに分類される。(1)常誘電体 電場を加えない状態では電気分極は0で,電場を加えると電場に比例した電気分極が生ずるものを常誘電体という。…

※「反強誘電体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone