コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反革命容疑者法 はんかくめいようぎしゃほうLoi des suspects

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反革命容疑者法
はんかくめいようぎしゃほう
Loi des suspects

フランス革命期の 1793年9月 17日国民公会によって採択された法律。恐怖政治確立への大きな一歩を示すもので,容疑者について幅の広い定義を与え,国民のすべての敵を攻撃する権限を政府に与えた。監視委員会が容疑者のリスト作成にあたったが,事実上反ロベスピエール派弾圧の法となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

反革命容疑者法の関連キーワードメルラン・ド・ドゥエ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android