コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐怖政治 きょうふせいじLa Terreur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恐怖政治
きょうふせいじ
La Terreur

フランス革命期に2次にわたって実施された政治体制。 (1) 第1次恐怖政治  1792年8月 10日~9月 20日パリで 3000人の反革命容疑者が逮捕され,愛国派 J.マラーに扇動されて,8月 10日の陰謀者や反革命容疑者を一掃することを決定,それが九月虐殺となって現れた。この事件は国民公会の招集とバルミーの戦いの勝利によって終了。 (2) 第2次恐怖政治  93年5月1日~6月2日のジロンド派追放から 94年7月 27日のテルミドール反動まで,フランス革命政府の支柱となった革命的テロリズムをいう。とりわけ,93年9月5日から国家のすべての敵と戦うために国民公会によって実行された。この間政権を握っていた山岳派サン=キュロットと同盟しようとするブルジョアジーの党派で,勢力としては少数派であり,その独裁遂行のために恐怖政治を必要とした。反革命容疑者法が制定され,少くとも 30万人が逮捕され,そのうち1万 7000人がギロチンにかけられて処刑され,そのほか多数が獄死したり裁判なしで殺された。それはまた経済問題 (「最高価格法」に示される統制経済) にも及び,他方「非キリスト教化運動」も推進された。しかし恐怖政治の激化はサン=キュロットを離反させ,テルミドール反動の一因をつくるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうふ‐せいじ〔‐セイヂ〕【恐怖政治】

投獄拷問脅迫処刑などの暴力的な手段によって反対者を弾圧し、政治上の目的を達成する政治。
フランス革命末期、1793年5月のジロンド派追放から1794年7月のテルミドールの反動まで、ロベスピエールらのジャコバン派によって行われた独裁政治

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

恐怖政治【きょうふせいじ】

フランス革命において,1793年5月31日のサン・キュロット反乱によるジロンド派没落から,1794年7月のテルミドール9日に至る間の,ロベスピエールに率いられた山岳派による革命的独裁政治体制をいう。
→関連項目革命裁判所国民公会サン・ジュストジャコバン・クラブバンデーの反乱マラ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうふせいじ【恐怖政治 Terreur[フランス]】

一般的には,権力を掌握した党派ないし個人が,武力ないし暴力を背景とし,反対派に対する逮捕,投獄,処刑,殺害などの手段を用い,民心をして恐怖せしめることによってみずからの権力の維持とその政策の貫徹とを図ろうとするような政治形態をいう。そのような一般的な意味では,テロリズムともいう。だが,歴史的には,フランス革命期の1793年から94年にかけて行われた革命的独裁政治が,断頭台などによる大量処刑を伴ったために恐怖政治と呼ばれており,狭義の恐怖政治は,この時期のフランスの政治形態を指す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうふせいじ【恐怖政治】

権力者が逮捕・投獄・暗殺などの暴力的手段によって反対者を弾圧して強行する政治。暗黒政治。
フランス La Terreur〕 フランス革命時代のロベスピエールらによるジャコバン派独裁をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恐怖政治
きょうふせいじ
Terreurフランス語

フランス革命期における、1793年6月から94年7月までの革命的テロリズムによる政治。このテロリズムは、反革命容疑者から国民と革命とを防衛することを本来の目的とし、92年9月のいわゆる「九月虐殺」で初めて日程に上った。山岳派(モンターニュ派)の権力掌握ののちロベスピエールがその制度化を志し、93年9月に反革命容疑者法として整備され、王妃マリ・アントアネットやジロンド派の処刑に役だった。その後、逮捕者の急増に対処しようとして、94年6月のプレリアール(草月)22日法が制定され、以後7月のテルミドールの反動まで恐怖が吹き荒れ、パリでは6週間に1376人がギロチンにかけられた。恐怖政治の全期間を通してみれば、50万の収監者のうち3万5000から4万人が死刑に処され(うち1万から1万2000人は裁判なしの処刑)、獄中での死亡は数千人であった。
 恐怖政治の機関は、パリでは公安委員会、革命裁判所、地方では派遣議員、監視委員会であったが、恐怖政治の激化は、独裁の基盤である民衆の活力をも減退させ、反動の一因となった。[樋口謹一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

恐怖政治の関連キーワードバレール・ド・ビューザックユリウス・クラウディウス朝F.マシアス ヌグエマバレール・ド・ビュザク公安委員会(フランス)ルージェ・ド・リールテルミドール9日ブリヤ=サバランエドモンド ビレドミティアヌステルミドール派フラウィウス朝山岳党・山嶽党サンジュスト保安委員会カラムジンデュバリエ公安委員会ポルポト派コンドルセ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恐怖政治の関連情報