収容所(ラーゲリ)から来た遺書

デジタル大辞泉プラスの解説

収容所(ラーゲリ)から来た遺書

辺見じゅんの著作。シベリア抑留をテーマとする。1989年刊。同年、第11回講談社ノンフィクション賞を、翌1990年には第21回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ラーゲリからきたいしょ〔‐からきたヰシヨ〕【収容所から来た遺書】

辺見じゅんによるノンフィクション。平成元年(1989)刊行。シベリア抑留からの生還者たちの証言をもとに、日本人捕虜収容所の過酷な生活を描く。第11回講談社ノンフィクション賞、第21回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

収容所(ラーゲリ)から来た遺書の関連情報