コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収量漸減の法則 law of diminishing returns

1件 の用語解説(収量漸減の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

収量漸減の法則【law of diminishing returns】

収穫逓減の法則*という別名でも知られている.投資される資源の単位量当たりの増加に伴う収益の増加分がしだいに減少する現象.養分と収量との関係では,ある養分要因を単位量だけ増加するときに生じる収量の増加は,その要因を十分に与えたときの最高収量と,現在の収量との差に比例する.これは,最少量の法則*を補うために,ミッチェルリッヒ(E. A. Mitscherlich)が1909年に提案したものであるが,他の養分が十分に存在しているときに,ある養分の増加で収量は増えるが,養分増加量に対する収量の増加量割合はしだいに減少し,最高収量に達すると増加はゼロとなる.すなわち

である.ここで y が収量,x が養分量,A が最高収量,α は効果率(作用要因)である.

養分量が最適量を超すと,収量はかえって減少するので,この式は後に次のように訂正された.

ここで k は被害率である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

収量漸減の法則の関連キーワード限界効用逓減の法則収穫逓減の法則コールズ‐ボーメ法則細胞特性の法則重力風の法則進化性逓減の法則総熱量一定の法則80/20の法則変化性逓減の法則ローザの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone