コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り木 とりき

盆栽用語集の解説

取り木

幹を削って養分通り道を遮断することで強制的に木質部に発根させ、その根の下部切断、上の部分を植え込んで使う繁殖方法。盆栽の素材を得るために大変重要なテクニックで、改作にも活用でき、特に小品盆栽では取りで作られた名品も多く見られる。樹種により適期は違うが、均等な根張りが得られるところと、模様・幹肌の良い部分だけを選択できるというのが最大の魅力である。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

取り木の関連キーワード栄養生殖環状剥皮クローン形成層山採り圧条親木実生

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取り木の関連情報