コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取引量指数 とりひきりょうしすう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

取引量指数
とりひきりょうしすう

財貨の取引量を一定の段階で総合的に把握し,経済活動の規模の変動を測定するための総合指数アメリカ貨幣数量説の検証のため,1910年前後に E.ケンメラーや I.フィッシャーによって初めて作成され,1920年代になってから景気変動の測定のために作成された。しかしいずれも直接取引数量を調べた資料によるのではなく,間接的な資料を用いて作成している。日本では貿易取引数量をとらえた貿易数量指数だけが作成されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone