取得税(読み)しゅとくぜい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

取得税

土地や住宅など不動産の所有権や自動車を取得したときに、その不動産や自動車の所在する都道府県が課する税金のこと。不動産取得税はすべての土地及び建築物(新築・増築改築)を含み、有償無償、取得原因、登記・未登記に関係なく課税される。自動車取得税は、取得した自動車の価額が50万円以下の場合は、課税対象外となる。さらに、ハイブリッド車電気自動車などエコカーや、軽自動車などでは、課税率が変動する仕組みとなっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取得税の関連情報