取水堰(読み)しゅすいぜき(英語表記)intake facilities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

取水堰
しゅすいぜき
intake facilities

取水するために水位を必要な程度に高めるための構造物。昔は蛇籠や木で造られていたが,現在ではほとんどがコンクリート造である。固定堰可動堰があるが,人為的に水位を調節することのできる可動が多くなっている。利根大堰,木曾大堰などは大規模な取水堰である。樋門樋管は堤防を通して河川水を取水する施設で,基本的な構造は昔も今も変らない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取水堰の関連情報