コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取水堰 しゅすいぜきintake facilities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

取水堰
しゅすいぜき
intake facilities

取水するために水位を必要な程度に高めるための構造物。昔は蛇籠や木で造られていたが,現在ではほとんどがコンクリート造である。固定可動堰があるが,人為的に水位を調節することのできる可動堰が多くなっている。利根大堰,木曾大堰などは大規模な取水堰である。樋門樋管は堤防を通して河川水を取水する施設で,基本的な構造は昔も今も変らない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅすい‐ぜき【取水×堰】

水位を上げて用水路に水を取り入れるために、川などに横切って設ける堰。取水ダム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

取水堰の関連キーワード足守川パイプライン化計画農業農村整備事業志木あらちゃん東京都羽村市秋ヶ瀬取水堰十文字[町]旧花園頭首工荒川[町]利根導水路川棚(町)ラマーディ武蔵水路相模川寒川町吉井川酒匂川多摩湖頭首工葛野川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取水堰の関連情報