コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋門(読み)ヒモン

世界大百科事典 第2版の解説

ひもん【樋門 sluiceway】

河川から農業用水などを取水したり,堤内地の水を河川に排水する目的で設けられる施設。同じ機能をもつものに樋管があるが,両者に構造上判然たる区別はなく,一般に比較的大きいものを樋門,小さいものを樋管といっている。樋門は構造的には,堤防を横断して堤防内部に暗きょを敷設し,河川の出水状況,堤内地の重要度,地盤高などを検討して門扉を設けたり,フラップゲートを取り付けるが,急流河川では門扉類を取り付けないこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひもん【樋門】

堤防の下を通り抜ける、排水・灌漑用の水路。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樋門
ひもん
sluiceway

河川から用水を取水するためや、排水路の水を河川へ排水するために、堤防を横断してつくられる暗渠(あんきょ)。樋管(ひかん)ともいう。用水樋門(用水樋管)と排水樋門(排水樋管)がある。樋門にはゲートが設置される。ゲートは平常時は開けられているが、洪水時には閉鎖して洪水が用水路、排水路に流入しないようにする。排水樋門のゲートを閉じているときに排水路の水を河川に排水するために、排水機場を設置することがある。川 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android