コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利根大堰 とねおおぜき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利根大堰
とねおおぜき

群馬県南東部,埼玉県との県境,利根川中流部にある堰堤。全長 692m。 1962年に着工,68年完成。付近にあった 90近くの農業用水の小取水口を統合,利根川用水の利用合理化と安定,都市用水の確保,隅田川の水質浄化を目的とする利根導水路の取水施設として建設されたもので,大堰から各水路末端の主要ゲートまで,自動的に遠方監視と制御ができるコンピュータ中核とする「オンラインコントロールシステム」を採用,当時としては世界に類例をみない最新方式の堰堤であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とねおおぜき【利根大堰】

利根川中流部,埼玉県行田市須賀と群馬県邑楽(おうら)郡千代田町にまたがる長さ692mの取水堰。利根導水路事業の基幹施設で,1968年に完成。12の門扉をもつ可動堰で,幅125mの取水口から毎秒137t取水され,武蔵水路見沼代用水,埼玉用水路(4km下流で葛西用水分水),埼玉広域第2水道,邑楽用水路に分水,上水道,農業用水,荒川の浄化用水として利用される。堰の上は武蔵大橋とよばれ,利根川の両岸を結ぶ重要な交通路として利用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利根大堰
とねおおぜき

利根川中流、埼玉県行田(ぎょうだ)市と群馬県邑楽(おうら)郡千代田町の間にある、利根川の取水堰。1968年(昭和43)完成。利根川下流の水量調節、農業用水の確保、東京都・埼玉県への都市用水の供給、荒川の水質浄化などを目的とする利根導水路事業の根幹としてつくられた。12門の門扉よりなる可動式堰。全長691.7メートル、可動部分495.4メートル、取水口の幅127メートル、取水量毎秒137立方メートルである。このうち見沼代(みぬまだい)用水路、埼玉用水路、邑楽用水路に毎秒85立方メートル、東京・埼玉の上水道用水に毎秒42立方メートル、荒川浄化用に毎秒10立方メートルの水を取水する。堰の上は武蔵(むさし)大橋として自動車の往来ができるようになっており、これによって利根川両岸の交通が便利になった。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

利根大堰の関連キーワード群馬県邑楽郡千代田町隅田川(東京都)千代田(町)秋ヶ瀬取水堰行田(市)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利根大堰の関連情報